母、東京へ営業へ行く①準備編

東京に行って来た。
イラストの営業活動の為にだ。



経緯も、旅の感想も、ハプニングも、
綴れば地球上の海水のようにとめどないのだが

とりあえず、忘れないうちに走り書いてみる。自分用のメモ!





この旅のテーマは『私は私のやり方で子育てをする!』である。



お金もない、時間もないのが正直今の私なのだけど
自分の好きな事をしてお金を稼ぎ、子に向き合いながら、家族を守る!という人生をかけた目標の実現の為、

自分がどこまでやれるかやってみたいのだ。





①準備編

子育てやその他諸々に追われ1日が1秒で終わる毎日の中では、(飛行機が安い)2ヶ月先の予約を決める事すらままならなかった。


本当は12月に、と予定していたものの、あれよあれよと月日は流れた。


いつか行きたい、いつかやりたい、は「いつ」にするかを決める事から始まるらしい。





えいやっ!で日程を決めてから、壮大な逆算が始まる。



会いたい人にアポを取ったり、会える機会を有効に使う為の自分の資料づくりを始める。



私はどんなところの何の仕事がしたいのか、誰と会ってどんな話をしたいのか、その為に必要なものは何か?


限られた時間で徹底的に考えた準備期間となった。





そして、普段は完全に野生化している自分の身なりを『東京』『営業』用に仕立て上げる作業が始まる。
モチベーションや自信にもつながるので、省くことはできないが、手持ちの金もない。

飛行機代すら血尿レベルなのだが、その他も全て『投資いいぃぃぃ!』と舌を噛みちぎりながらの作業となった。




そして、1番気を遣ったのが子ども、自分の体調管理である。



最高のパフォーマンスをするには、まずは自分が元気で、子の体調に心配事が無いことが重要である。

母子ともに風邪など貰わぬよう、最大限の努力をし、最後の週は祈るような気持ちで毎日納豆を食べた。(全く根拠はない)



ちなみに首と顎にニキビができてしまったが、そんなもんは安いもんである。33歳既婚。ニキビなどくれてやる!



たかだか1泊東京に行く為にこんなに緊張感を維持して神経を使うと思わなかったが、それらは私が(主婦が)全て毎日の暮らしで背負っている(または目を瞑っている)ものなんだなぁと実感した。



fc2blog_2018022615531271f.jpg

サクッと行っちゃう夫の出張が羨ましい(恨めしい)。





ちなみにその夫は、行くことを迷っている時から



『行くべきだ。行って何にもならなくていい。リフレッシュだけでもいい。でもお前は行くべきだし、俺は応援する。』


という姿勢を貫き、2日間の子の世話を快く引き受けてくれた。(1日は保育園)








神なのだ。






金はないけど。











いや、でもだから!

一緒に作って行くのだ!!

私たちの家族の形を。









②へ続く〜











=================================

★LINEスタンプ絶賛発売中〜
写真-2017-04-25-14-49-53


★インスタはこちら
写真 2017-12-08 15 40 03




★全国で販売中〜!
保育園とは、保育士さんのお仕事とは?を漫画で描きました。
amazon.jpg

試し読みはこちらから


保育園落ちたけど日本も私も生きている。

fc2blog_2018021217421123a.jpg


fc2blog_201802122206484c2.jpg
大事そうに拾ってくれたのは4月入園希望の結果です。




と、言うとこで保育園に落ちました。
時代の波に乗ってる感!(うれしくない)




夫婦で自営業は今ひとつ弱いのか。
希望園3つ書きましたが全て定員超過でありました。


通知を受け取った時は地の果てまで落ち込みました。言葉が出なかった。
そりゃあ日本◯ねとか言いたくなるね。。。そうじゃなければ自分が◯ぬか。。。



こういう時、国や自治体や社会に対する怒りや憤りは、とめどなく湧き出てくるものですね。
実態があるようで実はない分、なんとでも罵倒できるし、それが己を支える唯一のエネルギーになったりもして。

fc2blog_2018021217421506d.jpg

(声を上げることで変わっていく仕組みもあるので大事なことですが。)


けれど、いつまでも何かを恨んだり落ち込んでても自分が辛いだけなので、現実を受け止め、これからどうしようかなー?と考えてえることにしました。



そうだそうだ。
私は柔軟に子育てをする為に会社を辞めたのだった、と。







もちろん経済的には最優先救済家庭ですが。。汗汗油汗





キャリアを失えない育休明けの人や、介護中や病気の人、本当に拠り所なく子育て中の人や、シングル家庭やその他諸々……



いろんな事情を比較して見て、うちは優先順位が低かったんだろうなぁ~と納得することに。

とりあえず一時保育も行かせてもらってるし。。(これはかなり心の安定がデカイ)



思考錯誤しながらがんばります。

今日も我が子が笑顔で、家族が健康なのが1番大事。(鼻水出まくってるけど)





それにしても、待機児童問題。



どうにかならんかね~と思うと、
潜在保育士である自分にデッカいブーメランが返ってくるのがまた辛いところではある。。。。

fc2blog_201802121742240f5.jpg


私は本当に適性がなかったと思うけど、適性があっても再就職を考えられない!という人は多いだろうなぁ。
子どもを保育する、という本業以外にも多くのことを求められる仕事です。

子どもが好きで、保育の仕事をやってもいいよ〜という潜在保育士さんが、迷いなく再就職できるような環境が整備されるといいなぁと・・・・・ブーメランで殴りかかられないくらいに声を小さく、それでも心の底から願っています。





保育園落ちた〜と報告すると、友人たちが腫れ物を触るように労ってくれますが、本当に、あの、大丈夫です!落ち込んだりもしたけれど、私は元気ですw



とりあえず二時審査の結果を待ちながら、効率的に、バランスよくお仕事ができる方法を模索しております。

そして今の経験が、いつか誰かのために生きればいいな、と思っています。



















=================================

★お気の毒に、の気持ちをポチに変えて…
LINEスタンプ絶賛発売中(物乞いをするな)
写真-2017-04-25-14-49-53


★インスタはこちら
写真 2017-12-08 15 40 03




★全国で販売中〜!
保育園とは、保育士さんのお仕事とは?を漫画で描きました。
amazon.jpg

試し読み・電子書籍はこちらから



犬も食わない夫婦の話②不機嫌な妻とバファリンの半分は優しさでできている?

①女の怒りの9割は想像でできている…?の続きです〜。

fc2blog_20180203141923ad0.jpg

写真 2018-01-30 15 17 28
写真 2018-01-30 15 50 35 (1)
写真 2018-02-02 12 27 51


前回の①には、インスタでびっくりするほど大反響をいただきました。

共感の嵐・・・「まさに今です!」とか「昨日の私です!!!」みたいなコメントも続々とありました。(男性からは一切ないのがまたこわいw)


夜・・・同じ月を見上げている人と、旦那に腹が立っている妻、この地球上にはどちらのほうが多いんだろう。なんて思わずにいられません。




続きの②の話は、まぁ結局は話し合いとか、コミュニケーションが大事〜っていう話なんですけど。



渦中の時は、


それが出来たら怒ってねーよ!!!!!


って感じだし(まさに昨夜の私)、


話さない方が角が立たずに済む話・・・というのも家族間にはたくさんあるものですから。





ムズカシイ〜っすね。





あと、女女と書いてますが、別に女の脳がそうさせてるとは思わないんですよね。私は。(生理前はもちろん女性特有のあれだけど)




娘が0歳児の時のこと。

私が風邪をひいて、1日半くらい、夫に家事育児を丸投げした時があります。


丸投げといっても、0歳の育児と家のことが滞らないように、私が常日頃やっていることをまとめたメモを渡してお願いしました。
もちろん、優しくて器用な我が夫は快く引き受けてくれ、そつなく(とても楽しそうに)こなしてくれていました。



別室で休んでいた私は安心し、夜になると随分良くなったので、夫と子が食事をしている時に


「先にお風呂入ってくるね〜」


と言うと・・・・・・









「は?今?」







そこで、夫が明らかにキレているのが、手に取るようにわかったのです。



fc2blog_201802051240023b1.jpg




こっちとしては「え、うん、今。いいじゃん、君たちご飯中だし。」くらいに思って入浴を済ませたのですが、頭の中にはずっと「???????」マーク。




その後、子も眠り、家の中が落ち着くと夫から




「さっきはごめん。自分の中でイライラしとった。お前は別に悪くなかったのに。」




と謝られました。





その時に、ファーーーーーーーー!!!!!!と思いましたね。





結局イラついていた原因は説明できなかった彼ですが、

よく泣く0歳児とのマンツーマン育児、並行する終わらない家事、風邪だから休んでほしい気持ち、何食わぬ顔で表れた妻、風邪だから仕方ない、、、また泣く0歳児、、、離乳食、、、、片付け・・・・・・・・風呂?てめぇ、この状況で、一人でのこのこ、、、、風呂????????だと??????????・・・・・・・

って










わっかるうぅーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!




そーーーーーーなるよねーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!






なりますなりますうぅーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!






わかりますうぅーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








となりました。






女って、妻って、勝手にプリプリ怒ってるけど。


それは別に性別関係なくて、社会や家庭内で負担を強いられている方が怒ってるのであって、たまたま家庭でいうと女性がその役を買って出ていることが(人類?日本人?の歴史から見て)多いから、女は妻はと言われるのであって。



だから、怒りが湧くのは自分が悪いんじゃないし、自分が小さいからでも要領が悪いからでもないのかーーーー!!!!!


と、自分自身が「肯定」された気持ちになりました。

(むしろ男に怒りが足らんのんじゃーーー!!!!w)




家事や子育ては、疲れることやめんどくさいことが沢山あります。


向き不向きや好き嫌いはあるものの、
女だから母だから楽々だよ〜んってものは一つもなく。

相手や家庭や自分のことを思うからこそやるのであって、
だからこそ、溜まる怒りや言えない不満もうまれるわけで。


ほーんと難しい。




でもせっかく夫婦になったんだもの。



優しさも、苛立ちや不調、面倒や疲れも一緒に共有していきたいなぁ。と思っておりますのです。はい。




★おまけ★
労をねぎらい合う時によく夫が言う言葉。

fc2blog_20180205124004f57.jpg

相手にぶつけたい「疲れ」の矛先がふわっとぼやけて和む。こういうのほんと天才、彼。











=================================

★ありがとう!4000フォロワー
インスタはこちら
写真 2017-12-08 15 40 03




★絶賛発売中!
amazon.jpg


試し読み・電子書籍はこちらから

母権乱用。

fc2blog_20180203141841a97.jpg


fc2blog_201802031418364a2.jpg


fc2blog_201802031418386c4.jpg


fc2blog_20180203141854473.jpg


fc2blog_2018020314185863f.jpg


fc2blog_20180203141900545.jpg


fc2blog_20180203141918b4f.jpg


fc2blog_20180203141920b4f.jpg


ちょっと落ち込むことがありましたが、無理やり我が子に励ましてもらって元気をもらいました。


元気を削るのも元気を与えるのも子どもは天下一品だなぁ。
存在自体がエネルギーの塊です。








「大丈夫大丈夫」って大好きな言葉。


いつか我が子が落ち込んだ時に、何もできなくとも、笑顔で「大丈夫大丈夫!」と言える母でいようと思います。


おばけもうんこもお母さんも、みんな味方だよー!







=================================

★ありがとう!4000フォロワー
インスタはこちら
写真 2017-12-08 15 40 03




★絶賛発売中!
amazon.jpg


試し読み・電子書籍はこちらから

犬も食わない夫婦の話①女の怒りの9割は想像でできている?

インスタに載っけたマンガです。

写真 2018-01-28 21 28 13
写真 2018-01-23 14 47 21 (1)
写真 2018-01-29 0 24 55
写真 2018-01-27 20 40 57


日常には、向き合って話すほどでもない小さなちっぽけな問題が散らばっています。



普段は気にもならないのに、えらく今日は腹がたつ・・・

と言うときは、

ちっぽけな怒りが、疲れが、ストレスが、悲しみが、溜まっているんだなぁと。最近自覚できるようになりました。



気付いたら、自分の辛さの根本を究明。
極力客観的に分析し、問題を公正に伝えられるよう考えます。


そして2人になれる時間をとって

「今わたしは、これがこう言う風にいやだ(困っている、悲しい)。」

と相談するようにしています。
(決して喧嘩をふっかけるのではなく←重要かつ難しいw)



お互い人間なんで、いつもが平穏に解決するわけではないですが、私が感じていることを知ってもらうだけで全然違います。



察してほしいと願うだけだと、叶わない時間の分、怒りや悲しみや憤りは想像力という加速をつけ、どんどん魔物化します。


やっぱり、言わないと伝わらない。
もちろん不満だけではなく、感謝もね。お互いに。






ちょっと余談ですが。
想像力の話のついでに。




ご存知の通り夫くんは青年起業家(といえば美しく響く)、超絶不安定な自営業者であります。


結婚する前は幾度となく



「こんなんでやっていけると思ってんの?!」
「子供が生まれたらどーーーーするつもり?!?!?!」
「将来は?!老後は?!?!?!」


なんて勝手に不安で煽りまくって喧嘩をしていたものです。

名称未設定-81




でも、あの頃の不安はとりあえずまだ何も起こっていない。
いや、起こっているのかもしれないけれど、気づいていない。



とりあえず今日はご飯を食べ、
家族は元気に暮らしている。
明日は楽しみにしているドラマがあるし
暖かなお布団で眠れる。
灯油もまだたっぷりあるぞ!



それ以上幸せなことってないなー!




と思います。





悪い想像をするときりがないけど、今は今のラッキーを満喫しよう。



困ったらその時、二人で話し合って考えていこう。。。



ほや〜ん(思考をストップ)









先行き不透明すぎる夫とだから行き着いたような在り方です。
いいこともあるもんだ・・・・(いいことなのか?)









=================================

★ありがとう!3000人フォロワー!
インスタはこちら
写真 2017-12-08 15 40 03




★絶賛発売中!Amazonはちょっと在庫待ち?
amazon.jpg


★今すぐ購入できます〜!試し読み・電子書籍はこちらから

プロフィール

たえこ:taeco

Author:たえこ:taeco
占いで「あなたは三国一の花嫁、玉の輿結婚をするよ!」と度々言われ続けた独身時代。今の所ぜんぜんなってない結婚生活。危なっかしい自営業の夫(はちみつキャンディー屋(仮))と、元気いっぱいな1歳児を育てながら、あきらめきれない三国一を夢見て綴るイラストレーターの絵日記です。

<かぞく>
はちみつキャンディー屋(仮)の夫
乳児(女)
*前提として、うちの話をご参照ください。

●ホームページ
●facebook
●twitter
●インスタグラム(娘ちぱの成長記録)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム