スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ恥を見てる人にしか分からないかもしれない。

いろんなことがありすぎて(o_o)

ブログを書けども書けども途中で邪魔をされ、どんどん鮮度の落ちていく思い出たち~~…
あーれ~~~~


まあいいか。
世間にとってはどうでもいいことばかり。
ここらで一度仕切り直しましょう。






どんな仕切り直しだよ、って感じですが。居酒屋復帰しちゃいました(照)

赤ん坊は優しい旦那様へ預けて……。



違うの、違うのよ!!すんごいいろいろあってさ…その打ち上げというかさ…姉とね!そんなに飲んでないよ!(誰への弁解)








そんなこんなで、えーっと。


そうそう。
結婚2周年を迎えました。


まだ2年なんて…短っ!!!
ペーペー夫婦ですな。



『嫌だったらすぐに別れてやろう…』と付き合い出して、気づけば結婚、ああ子供までいるよ。



『結婚とは…』で
いろいろ思うところはありますが、
まだまだペーペー過ぎて語るには値しない立場なので自粛。




とりあえず、今週の『逃げ恥』(火曜ドラマ)の件で言いたい。


ラストみくりさんが顔を真っ赤にして震えてる場面。




女子なら
『おらああああ平匡ああああ怒怒憤怒うおおおおおみくりちゃあああああん泣泣泣泣泣泣!!』
と共感しまくって震えるところで、



『え?(・Д・)ノなんでなんで?
なんでみくに(みくにじゃねーよ!)怒っとるん?
えなんでなんで?ぜんぜんわからん( ・ω・)』


と言い放つ夫をどつきあげたくなったのですが、




意外と男っちゅうのはそういう生き物かもしれませんな。





男女間は、わかってくれてると思ってると大事故が起こる時がありますね。



(ちなみにこの場面、私の周りでも認識の違いや温度の違いに差があった夫婦が多数。ぜひあなたのお宅や異性の友達とも議論してみて欲しい。きっとどつきたくなるから。)





助けて!
困ってる!
つらい。
いやだよ。
うれしい。
ありがとう!
あなたのおかげ。




これからもちゃんと言葉にしていける夫婦でありたいですね。




ていうか




気付いたらはちみつキャンディー屋がはちみつ弁当を始めて(o_o)

仕込みのため、朝起きたらいないんですが。。。




この人は全く、何屋になるつもりなんだ。。。。
スポンサーサイト

子育ての成果とは?

げっそりーん。

母の体調不良により、
ここ最近は家と実家を毎日往復し
買い物を手伝ったりご飯を作ったりしている。

赤ん坊の世話とダブルパンチでぐええー(o_o)という感じだが、
今日から姉がヘルプに帰ってきてくれるので一安心。



お母さんは申し訳ない申し訳ないと繰り返すけど、優しい娘たちに育って母さんの子育ては大成功だったね、と言いたい(自分で言うな)。



ただこの優しい娘たち…

一応『主婦』なのにどちらも料理があまり得意でない…(子育て失敗じゃないか)。


しかも我が家の帝王ヒロシが食事にうるさく、
箸さえ出さないくせに、自分が食卓に座るタイミングに全てが完璧に揃っていないと機嫌が悪く、
やれ味噌汁がぬるいだの辛いだの、肉がまずいだのナスがかたいだの、そもそもおかずがショボいだの、相当なプレッシャーをかけてくる。





家の世話をすること自体はどうってことない。

けれどこの人へ食事を作ることに関しては
イヤーな緊張感が体をこわばらせ
毎回うまくもまずくもない微妙な完成品ができあがる。




それでも一生懸命提供し続ける。

そして恐る恐る『味はどう……?』と尋ねる娘に


『胃に入ればなんでもええ』


と言い放つオヤジ…………






ここがアメリカでなくて良かったな!!!!銃規制に感謝しろよ!怒怒怒
って感じである。
(絵が時勢にのれてなくて残念)





よく昔から『お父さんに似てる人と結婚しました♡』とかいう話を聞くけど、
ほんっとこんな人と結婚しなくて良かったよーあたしゃ。


実家の世話でてんてこ舞いで、
我が家の食事の準備がおろそかになっていても全く気にすることなく大好きな白菜鍋を毎日食べてる夫くん。(お相撲さんかな?)

快く実家へ姉を送り出したお義兄さん。(多分めっちゃ飲みに行ってる)





娘たちは、良き旦那さんを選んだよぉ。
やっぱり我が親の子育ては成功かな…


反面教師という意味でね( ̄ー ̄ )







プロフィール

たえこ:taeco

Author:たえこ:taeco
占いで「あなたは三国一の花嫁、玉の輿結婚をするよ!」と度々言われ続けた独身時代。今の所ぜんぜんなってない結婚生活。危なっかしい自営業の夫(はちみつキャンディー屋(仮))と、元気いっぱいな1歳児を育てながら、あきらめきれない三国一を夢見て綴る絵日記です。

<かぞく>
はちみつキャンディー屋(仮)の夫
乳児(女)
*前提として、うちの話をご参照ください。

●ホームページ
●facebook
●twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。