スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクション百人一首。

はちみつキャンディー屋(仮)の夫が、今度ははちみつキャンディーカフェ(仮)を開くらしく、

最近はもっぱら店内改装に勤しんでいる。

じ、じぶんで。。。



しかも一度作り上げたカウンターを、「ぬぅ。色が、ダセぇ」という理由で解体し、0からまた再築していた。
仕事で作るものには徹底的にビジュアルにこだわる。

どうしてそのこだわりが私服に反映されないのか。放っておくと芸術的なくらいダサい服(柄on柄!)を着用するし、股間に穴があいているズボンを平気で履き続ける。
そもそもあんなに太っていたら店内のビジュアルうんぬんではないと思うのだが、、、、とにかく自分以外のものには非常に器用にクリエイトする。

最初は呆れたり驚いたりしていたが、最近ではこの器用貧乏さに慣れてきた。
「家を建てるよ」と言われても「ああそう、床暖房つけてね」と返してしまいそうだ。





そんな、器用貧乏な彼の一番の得意技。

いや、「わたしにとって」の彼の一番の得意技がある。




その名も『リアクション百人一首』。





これがまた・・・・天才的です。職人技です。ちはやふるです。








例えばこう。









美容院~がえりの妻にぃ~…(←上の句っぽく読んでね)







『やっぱあの美容院は最高やの!お前の事をよーわかっちょるわー!!』













手抜きの~料理を出されたらぁ~……








『えっ⁈これクックパッド見んで作ったん⁈マジで⁈⁈お前…腕あげた………?』

(ほうれん草をレンジで茹でて醤油まぶしただけですが。)














新しい~服を買った時ぃ~……



170530.jpg



『すげえいいよ、エロいわぁ~。連れて歩きてぇー!!!!』












って、









もうコレ、








職人レベルで完璧じゃないですか?奥さん。








大事なのは、躊躇わないこと、言い惑わないこと、問いにかぶせる勢いでリアクションをすること。






そして





0.2秒で忘れるのもセット。
ここまで含めて彼の職人芸。









翌日再び



『あれーーー?!?!髪切ったーーーん?』



同じ献立を作れば



『えっ、これクックパッド見んで作ったん?!』




同じ服を着たならば



『あれ?新しく買ったん?』(言うまで気付かない)




と、綺麗サッパリ忘れている。









ん…まあいいのだ。女なんてそんなんでいいのだ。


ホンキやなくて、ええんやで。
覚えてなくても、ええんやで。
宵越しの感想なんて、要らへんで。




ただこの女の何気ない上の句(問い)に、

瞬殺で解答(そう、それは正解があるのだ)してくれればええんやでぇ~~~



ってことです。









ちなみにこれは、私だけが対象でなく、私の友達や家族(母や姉)にも適応する特技です。
気持ちよくなりたい方はぜひ、はちみつキャンディー(仮)カフェへ♡













ていうか、















もうこういうセミナーとか開いた方が、すごい稼げるんじゃ無い?って思っちゃうね。


























あうそ!がんばれはちみつキャンディー(仮)屋さん!カフェは6月24日にオープン!たぶんね!






?はちみつキャンディー(仮)屋とはなんじゃ?のご説明はこちら
スポンサーサイト

全国区デビュー。

はちみつキャンディー屋(仮)の夫が、
BSのとある番組で特集を組んで頂き
先ほど放送された。









初の全国区デビュー\(^o^)/










さすがのBS様の番組です。


それはそれは美しい映像と音楽、
カッコイイナレーション、
心をつかむ番組構成・・・・・

















そこに華麗に映し出される、



















ぱんっぱんに膨れた、我が夫の顔!
の、どアップ!!!!













公共の電波でwwWWWwwwwww



すみませんwwwwww



てか私でもこんなに近くで見た事ないわっっっWWWwwwWWWWwwww







笑った笑ったー。

いや、笑う番組じゃないんだけどさ!

(※番組は素晴らしかったです。スタッフの皆様ありがとうございました!いけないのは肉です、彼の贅肉です。)










引き続きバタバタしてる我が家ですが
来週ははちみつキャンディー屋(仮)さん下関出張( ´ ▽ ` )ノ


下関駅である『ヤマサチ』っていうイベントで出店するそーです。


なんか、美味しいものとかガヤガヤ集まるみたい( ´ ▽ ` )
公式サイトはこちら


お近くの方は是非どうぞ~( ´ ▽ ` )ノ









といいつつ頑なに夫の本業を公開しないんですがね。(チラシにもサイトにも載ってないし)

来て欲しいのか欲しくないのかどっちだよ、って感じですな。いや、来て欲しいのよ!
(さすが扶養されるようになると必死度が違う。)







興味のある方はメールください( ´ ▽ ` )ノもれなく本日の番組の爆笑公式ページを送りますwwwwwwブフッ、ブフフッ

2号店がオープン。

先日の、寒い寒い小雪の舞う大安に、
我が家にお雛様が納品されました。







運送業者のおじちゃんが
鼻もほっぺも真っ赤にして
大きな手袋をはめながら








『9号線はすごい渋滞やったですぃね!
こね積もるとは思わんやったっちゃね。



でも今日はいい日なんですよ。
小雪の舞う日は福が舞い込む、って言うからね。』






と帰って行きました。











小雪が福をたくさん連れてきて
暖かな春がやってくるんだな。

















なんて素敵な日なんだ!!!!!!



































この日も、空は抜けるように青くて
でも風は痛いほど冷たくて
朝から小雪がふったりやんだり。











そんな今週の月曜日、
夫のはちみつキャンディー屋さん(仮)が
2店舗目をオープンしました。










課題も負債も山積だけど(oh!)
がむしゃらに前に前に進んでいます。







オープン初日は赤ん坊を背負ってお手伝いに行きました。



我が子は(これは親バカの贔屓目ではないと思うのだが…)、無類の人好きで、
おんぶ紐を振り切って抱かれにいってしまうのでは、、、という勢いで愛想を振りまいていました。




お客さんも若干引くほど…。
(※でも男の人はちょっと苦手。母に似たのかな?♡うそです。)








そうかと思えばいつの間にか爆爆爆爆睡をかましていたり。




自由きままに看板娘のお仕事を果たしてくれました◎







この日は途中で帰ったものの、
それでも4時間耐久おんぶは肩も腰もがっちがちのごっちごち~あーもーすっごい疲れたーもーうごけないよーばんごはんつくれないよー明日来るのもむりだよー


弱音の速さは日本代表レベルなの\(^o^)/(えばるな)









今後は基本的に、人が足らない時や土曜日など、お手伝いに出ようと思います。今のところね。暫定ね。めいびーね。ほんとかな?あわわわわー









ちなみに2号店は、水曜・日曜お休みです( ´ ▽ ` )ノ日曜は1号店もお休みです。










1番売り上げが良さそうな日曜日になぜかって?













うちのパパは欧米人思考だからだよ。







もちろん軌道に乗って、人員が確保できればまた変えていくそうです。

日曜日に開店し始めたら『おっ♡』と思ってください。(いつまでもしなければ『あぁ…』と思ってください…)










小雪の福よ、ちり積もれ〜

どーなることやら、らららららー♪

年の瀬の近況。

前にも少し触れたが
はちみつキャンディー屋(仮)の夫が
いきなりはちみつ弁当(仮)を始めた。


仕込みで朝早く出かけて行ってしまうので、起きたら既にいない。





そして帰宅するのはだいたい赤ん坊が寝たあとである。




朝から晩まで、1人きりの育児。
実家は体調不良のため頼れない。


こういうご家庭もたくさんあるとは思うが、ヘタレな私は心も体も滅入りかけてしまった…。(もう慣れたけど)



それに加えて、離乳食も朝昼晩の3回食の開始。





1日中、食事に関することに追われている気がする。


なにこれヤバイ。
世の母親スゴイ。
止まったら死ぬぞ!…って感じである。



うちの母ちゃん3人もこれやっててスゴイ。
そのうえ未だに赤ん坊のようなオヤジの食事に追われるなんて。嗚呼スゴイ。



わたし、この上で手のかかる夫だったらホントむりむりむりむりむり。



我が家の夫は家にはいないが、
いる時間は本当によくやってくれるし、



『◯◯してくれたんやね。ありがとう』
(例えばお風呂掃除とか、食器洗いとか)



と言うと






『お礼言われるには及ばんよ。家族やから当たり前やん( ´ ▽ ` )ノ』





と言ってくれるので、本当に本当に素晴らしいと思う。(褒めすぎかしら)










でも相変わらず、マイペースさはピカイチで、基本的に相談はない。



はちみつ弁当(仮)を始めるのも。



あと、こういうのも。






(おま…マジそんな時間あるなら一刻もはよ帰ってこいやああああぁぁぁあ怒怒怒怒、と思うが同じくらい本当に痩せて欲しいので何も言えない)






そして極めつけ。







『2号店出すよ(*^^*)店舗契約してきた!』







って言われました。プーッ!










契約してきたらさ…
もう何も言えないじゃない…







がんばって絞り出した言葉は








『ぇいつ…………?』









威勢良く答えるよ









『今年中!!!!!!(*^o^*)』













今年って、あと半月ほどなの知ってるのかな?






ててててててててゆうかてゆうか



お、お、お、お、おかおかおかおかねだいじょb…?
だ、だ、だだだだれが店にたつn……?




ええい何も言うまい何も言うまい。






わたしはただただ
目の前の
小さくてものすごく元気な命を
1日1日守って育てていくのだ。








父ちゃんも母ちゃんも、がんばるよー!

かわいい娘婿には旅をさせろ。

一部の方はご存知の通り、
夫が必死に営むはちみつキャンディー屋(仮)が大変名誉な賞をいただきまして。


ただ今その賞の授賞式の為に
東京に出張に行っている。








軽トラで。








Yes!軽トラで\(^o^)/





ガクガクシカジカいろいろな事情ゆえ(決してお金がなかった訳ではないがお金は全くない、くぅ)そうなったのだが、


え山口から東京を?
え車?
え軽トラ?

って



なんでそんな発想になるのか理解し難い。




こちらとしては心配で仕方ない。


きっと男の子を持つ母親は常にこんな気分なんだろうな…と強くお察しする。(案の定お義母様もとても心配されている。もういい大人なのに、可哀想に…)





しかも、自分の軽トラでは若干サイズに問題があったため、うちの父親(つまり彼の義父)のを借りてまで行ってしまった。



ケチな父親ゆえ、きっと断るだろうと思ったのだが、一瞬驚いたけれどあっけなく快諾。

ガソリンを使い果たして(やはりケチ)受け渡してくれた。






夫からはしばしば悲鳴混じりの近況報告が入り、
父は父で『今どの辺かのー。』とか
『荷物積めたかのー。言ってくれりゃあロープ貸したのにのー。』など言いながら
なんならちょっとワクワクしながら傍観している。





なんか…
少年たちは大志を抱き続けているよね…。
大海原大好きだよね…。
いいけどさ…。





そして夫が出張に行くと必ず風邪をひく我が子と、体調を崩す婆さん(o_o)ひぃー



鼻水ダラダラの赤ん坊をあやし
老夫婦の家事を手伝って
すごく大変で
命が削られている感じだけど
生きてるなーって感覚がすごいです。




若い時は無理がきく、
歳をとったら無理できない、
そして誰もが絶対歳をとる。




という世の常の奥深さを
無茶苦茶な夫と老いゆく両親の狭間で
赤ん坊を追い回しながらヒシヒシ感じる今日この頃です。




明日は今日より確実に老けているから
今日を楽しく生きたいねー。






とりあえず、無事に帰ってきますように。
帰ってきたところで大冒険みたいな毎日なのだけど。。


プロフィール

たえこ:taeco

Author:たえこ:taeco
占いで「あなたは三国一の花嫁、玉の輿結婚をするよ!」と度々言われ続けた独身時代。今の所ぜんぜんなってない結婚生活。危なっかしい自営業の夫(はちみつキャンディー屋(仮))と、元気いっぱいな1歳児を育てながら、あきらめきれない三国一を夢見て綴る絵日記です。

<かぞく>
はちみつキャンディー屋(仮)の夫
乳児(女)
*前提として、うちの話をご参照ください。

●ホームページ
●facebook
●twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。