家に人を招くとき、私が考える事。

我が家は、割と来客が多い。

公園の近い立地ということもあり、子連れの友達がよく来てくれる。



乳幼児が居る場合、へたにお出かけするよりも家の方が楽なので、ついついお招きしちゃうんだけど、毎回大変なのが家の掃除である。


ただ私の場合、人を招いた時くらいじゃないと掃除しない場所というのが多々あるので、それはそれで大変に助かっている。





例えばハンドソープの裏とかさ、調味料並べてるシンクの台とかさ。


fc2blog_201706211236100d6.jpg



そんなんだから、友達が来る前は、一人で運動会をした後かの様にくったくたに疲れている。


fc2blog_2017062112362742d.jpg





でも、不思議なのが、友達の家はいつ行っても綺麗。に見えること。



出かけ先、急な雨で「近いからうちくる?」と寄らせてもらった家が、ハンドソープも調味料置いてるシンクもピカピカに綺麗だと、大変落ち込む。

床に無駄にビニール袋とか転がってないし、テレビ台のホコリも無い。
テーブルにはコップの輪っかはついてないし、タオルも柔軟剤が使ってある。








いつ脱いでも勝負下着です☆と言わんばかりの隙のなさである。
わ、私の下着なんぞ・・・・(以下省略)









でも、でもね!よく来てくれる友人が言ってくれる

「居心地いいから長居しちゃうよー♡」

という言葉が私の誇りなのである。(埃じゃないよ)








住宅展示場のような完成度の家は、汚してはいけない所だらけな気がして落ち着かないじゃん?

ちょっとくらい食べかすが落ちてた方が、我が子の食べかすも気にならないじゃん?

謎の段ボールの塊があるくらいが、もうインテリアとかどーでもいいんだなこの家、ってなるじゃぁん?





つまりはそう言う事ですよ!(言い訳!)



汚しちゃダメ触っちゃダメ!を気にしなくて良い!というホスタビリティ溢れる演出なんです。(言い逃れ!)




もっと言えば、




コンロの汚れは友情の証!貴女のコンロは私のコンロ!レッツ日常、ハッピーライフ。



とまでも言いたい。(度が過ぎる自己肯定感)









もちろん衛生的に汚ねぇ!と思われないような最低限の掃除はしているつもりです。が、まあそれもね、人それぞれの価値観ですからね・・・(ーー;













まあ、あれじゃんね。






不意に脱がした時にガッチガチの勝負下着で嬉しいひとと、むしろ普段下着だからええわぁ〜〜〜〜〜〜、っていうひと、いろいろいるじゃんね、って私はなんのはなしをしているんでしょうか。疲れているんでしょうか。














まあとにかく、梅雨ですし。
綺麗な所ではありませんが、よかったら遊びにきてね、どうぞ普段着で。


という話。でした。








おまけ。

fc2blog_2017062112364781d.jpg

夫が制作した完成度の低すぎる段ボールハウスと言う名のゴミの塊と、
1ミリも興味を示さない娘。

手足口病との付き合い方。

子が、手足口病にかかっています。なーーう。



手足口病とは、夏風邪の一種で、文字通り手とか足とか口の中とかにブツブツができちゃうのですね。






初日は39度越えで、赤ちゃんの時のように一時も離れませんでした。


10キロの赤ちゃん。。。重い……(O_O)





2日目以降は7度台に下がったものの、口の中のブツブツのためか食欲減退。
食欲怪獣の娘の食事を、半分も食べてないのに下げて捨てる、という行為を初めてしました。子供っぽい……!!

でも美味しいパンとかはガツガツ食べるんだなコレが。なんなんだよ。






元気のない姿を見るのも辛いけれど、元気を取り戻した病気の子と家に閉じこもるのも大変であります。



DVDは擦切れる程見て(あみちゃんほんとありがとう)、古新聞で部屋が埋まるほど遊んで、絵本も手遊び歌も声が枯れるほどして、ボールもお絵描きも飽きるほど遊んで、それでも持て余しまくる時間。




いい機会なので、家の中の『いつかやりたいけどやらなくても困らないからそのまま事案』をひとつひとつしらみ潰しして行っています。




まずはクローゼットの断捨離。

服を引っ張り出す職人の娘に手伝ってもらいました。


引くくらい同じような色の服ばかり。。
いつか着るかなで、こいつらが長いことクローゼットに幅を利かせていたと思うと、負のオーラしか感じませんな。
すっきりしました。









そして料理器具の劇落ちくん磨き。



炊飯ジャーや鍋などの汚れをゴシゴシゴシゴシ。(元が汚すぎるのは見逃して)
小さなお手てにもお手伝いしてもらいました。(邪魔でしかない)






あとは、窓のサッシを拭いたり、障子の枠を拭いたりと、、、、、手足口病のおかげで家が綺麗になっております。











外に行きたくて仕方ない娘は、今朝も玄関で靴を持ってさめざめ泣いていました。

見かねた夫が朝一、涼しい時間に散歩に連れて行ってくれましたが、足の裏のブツブツで歩けないため、大好きな公園でも立ちすくんでいました。





かわいそうに(T ▽ T)









今日はどこを掃除して過ごそうかねぇ………





リアクション百人一首。

はちみつキャンディー屋(仮)の夫が、今度ははちみつキャンディーカフェ(仮)を開くらしく、

最近はもっぱら店内改装に勤しんでいる。

じ、じぶんで。。。



しかも一度作り上げたカウンターを、「ぬぅ。色が、ダセぇ」という理由で解体し、0からまた再築していた。
仕事で作るものには徹底的にビジュアルにこだわる。

どうしてそのこだわりが私服に反映されないのか。放っておくと芸術的なくらいダサい服(柄on柄!)を着用するし、股間に穴があいているズボンを平気で履き続ける。
そもそもあんなに太っていたら店内のビジュアルうんぬんではないと思うのだが、、、、とにかく自分以外のものには非常に器用にクリエイトする。

最初は呆れたり驚いたりしていたが、最近ではこの器用貧乏さに慣れてきた。
「家を建てるよ」と言われても「ああそう、床暖房つけてね」と返してしまいそうだ。





そんな、器用貧乏な彼の一番の得意技。

いや、「わたしにとって」の彼の一番の得意技がある。




その名も『リアクション百人一首』。





これがまた・・・・天才的です。職人技です。ちはやふるです。








例えばこう。









美容院~がえりの妻にぃ~…(←上の句っぽく読んでね)







『やっぱあの美容院は最高やの!お前の事をよーわかっちょるわー!!』













手抜きの~料理を出されたらぁ~……








『えっ⁈これクックパッド見んで作ったん⁈マジで⁈⁈お前…腕あげた………?』

(ほうれん草をレンジで茹でて醤油まぶしただけですが。)














新しい~服を買った時ぃ~……



170530.jpg



『すげえいいよ、エロいわぁ~。連れて歩きてぇー!!!!』












って、









もうコレ、








職人レベルで完璧じゃないですか?奥さん。








大事なのは、躊躇わないこと、言い惑わないこと、問いにかぶせる勢いでリアクションをすること。






そして





0.2秒で忘れるのもセット。
ここまで含めて彼の職人芸。









翌日再び



『あれーーー?!?!髪切ったーーーん?』



同じ献立を作れば



『えっ、これクックパッド見んで作ったん?!』




同じ服を着たならば



『あれ?新しく買ったん?』(言うまで気付かない)




と、綺麗サッパリ忘れている。









ん…まあいいのだ。女なんてそんなんでいいのだ。


ホンキやなくて、ええんやで。
覚えてなくても、ええんやで。
宵越しの感想なんて、要らへんで。




ただこの女の何気ない上の句(問い)に、

瞬殺で解答(そう、それは正解があるのだ)してくれればええんやでぇ~~~



ってことです。









ちなみにこれは、私だけが対象でなく、私の友達や家族(母や姉)にも適応する特技です。
気持ちよくなりたい方はぜひ、はちみつキャンディー(仮)カフェへ♡













ていうか、















もうこういうセミナーとか開いた方が、すごい稼げるんじゃ無い?って思っちゃうね。


























あうそ!がんばれはちみつキャンディー(仮)屋さん!カフェは6月24日にオープン!たぶんね!






?はちみつキャンディー(仮)屋とはなんじゃ?のご説明はこちら

亡霊たちーーー!!!おつかれさまでーす!!!!

あの頃の私は、
親子でお散歩するのどかな風景や、
休日に公園で遊ぶ家族連れを横目で見て




「はーい、リア充。幸せそうで何よりでーす」


1705291.jpg



と(若干荒んだ心で)思っていたものである。





それから数年たち、今はあの頃私が眺めていた先に居る。







そうなれば、そうなったで、





今まで見えなかった、聞こえなかった声が聞こえる様になった。









1705292.jpg


サンサンと降り注ぐ紫外線のもと、来る日も来る日も子のエネルギーを発散させるがためだけにさまよう亡霊たちの心の声が。



(個人的には、あの頃よりもずっと1日の段取りを考え続けながら行動している・・・。
あの頃のあたしゃ、週末誰とどこで飲みにいこうかなー服何着てこうかなー。くらいの段取りが関の山であった。)





確かに、文句無しで幸せで、可愛いのだが・・・・がっっ・・・・・!!!





1歳。歩き始めてからの子のエネルギー、半端ない・・・・・



留まる事を知らぬ生き物やであいつらは・・・・(Eテレタイムを除く)。








公園のお母さん方に限った事ではない。
休日に、公園で家族サービスをするお父さん、
スーパーに幼い子を連れてきている夫婦、
あちこちでみかける家族連れに対し







野球部ばりの大声で労をねぎらっています。


1705293.jpg

心の中でね。












そんながんばるお母さんたちに教えたい、わたしのオススメ商品。


薄着になってきて、しゃがんだ時の背中(おケツ)が気になったりしませんか?
はみでたパンツを見るのは、本人も、周りも、気持ちのよいものではない・・・



子の世話をしている時はもちろん。
お仕事で、しゃがむことが多い方にもオススメ。

↓これ。

ボディブリファー タンクトップ M/L 【メール便可10】 しゃがんでも下着が見えない アンダーウェア! レディース ロンパース型 ノースリーブ 冷感 速乾 カットソー 夏 インナー ◆zootie(ズーティー):クールフィット ココチインナー ボディブリファー[タンクトップ]



ボディブリターっていうんですね。
大人用ロンパースみたいな。

絶対背中やお尻(パンツ)が出ないシャツ!!!!


背が高いので、長めのシャツを着てもどうしても背中が気になって・・・(胴が長いと言うんじゃない)。
これは、どう動いても、何度しゃがんでも、入れ直す必要なし。
1回着たら癖になりますっす。

キャミソールタイプもあるけど、個人的にはタンクトップ型が、胸元も空かなくて良い。どっちも持ってるけどね。




これだけ着ている姿はマヌケだけどwwww

でも、隙のない女ほど、脱いだらみんなマヌケなのよ。
イケテルあの人も脇汗パットつけてるんだからね。(ばらすな)





これ、ユニクロとかしまむらとかでも売って欲しー。
初めて見たのは、ワーホリでいたオーストラリアだったんですよね。シドニーの、なんだっけ、若い人の行く店。最初見た時はぎょえっってなったけど。。。。



突然脱がされるスリルの無い日常を、頑張って生きる貴女へ、ぜひ♡(余計なお世話だよ)

おばばかちゃんの宣伝効果。

先週、香港に住む姉がひっそり帰省していた。




我が姉も例に漏れず、超ど級の叔母バカをかましている。






産まれた時からかわいいかわいいと言ってくれていたが、成長するにつれそのバカさっぷりは周りが見えなくなりつつあるようである。





とにかく自慢する。

かわいいかわいいと自慢する。





親が言うのもアレだが、
我が子はもちろん、私たちにとったら最高に超絶にそれはもう骨髄までとろけてしまうほど可愛くて、いとおしい存在であるのに間違いは無いのだけど、
造形物的に世界一美形です、どの子よりも群を抜いて整っている顔をしています、とは言わない。オムツのCMのオーディションにも、10社中2社くらいしか受からないだろう(←控えめな厚かましさ)


私と夫に大変似ている。という事でここはなんとかその可愛さを想像して頂きたい。






しかしバカ叔母には、そういう謙虚な心はない。

存在がかわいいんだ、とか、そういうまどこっろしいことは関係ない様子で、


とにかくかわいいかわいいと自慢しまくる。





今回は居なかったが、夫(私の義兄)の引きっぷりにも屈する事無く自慢している。




そしてなんと、友達にもめちゃくちゃ自慢する。






他人の子なんかそんな見たいやついねーよ!!



と、言っていた一人じゃないのあなたもおおおおおおおおお!!!!!!!!!!


しかもこの駄ブログまでセットで紹介する。



他人の子どころか、友達の妹のブログなんて・・・・誰がみ・・・・




ところがどっこい姉の友人たちはすごい早さで「いいね!」をくださる。(多谢!我愛你)







そして最近、娘の成長記録のために、ひっそりインスタのアカウントをとったのだが、そちらもくまなくチェックしてくださっている(姉がフォローを促して)。

姉の友人が私の友人の数を超す勢いである。(そして義兄もまた被害者の一人)









ほんとにさぁ・・・・・








ほんとに、人の子の成長なんて見ても、面白くないと思うんですよ。




わかってる、私ちゃんとそういうのわかってる。








見たい人なんか、いるのかねぇ?

















え?いる?


















見たい?













あそう?あ、そう?













そう言う人も、いるの?














・・・・・・・・・そこまで言うなら、じゃ、じゃぁ・・・・・・・












みたいなスタンスが捨てきれないけど。






娘の成長記録(イラスト)インスタです。良かったらフォローお願いします。(照)




石コレクターちぱの記録







プロフィール

たえこ:taeco

Author:たえこ:taeco
占いで「あなたは三国一の花嫁、玉の輿結婚をするよ!」と度々言われ続けた独身時代。今の所ぜんぜんなってない結婚生活。危なっかしい自営業の夫(はちみつキャンディー屋(仮))と、元気いっぱいな1歳児を育てながら、あきらめきれない三国一を夢見て綴る絵日記です。

<かぞく>
はちみつキャンディー屋(仮)の夫
乳児(女)
*前提として、うちの話をご参照ください。

●ホームページ
●facebook
●twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム